性能が上がっている

案内する笑顔の女性

近年のデジタル信号処理技術の進歩や、電子回路技術の進化によって、spectrumanalyzerの性能も高性能高精度化してきました。 特に、高速演算を実現できるようになったため、従来よりも高い周波数帯の電気信号の特性を測定する事ができるようになってきました。 測定機器としては非常に高性能化高機能化してきましたが、それに伴い計測手順も非常に簡素化されました。そのため、計測初心者が誤った計測方法によって計測機器や被測定物を破損してしまう事故も起きています。 電気回路に関する計測方法の手順は、測定機器が高性能化されても基本は変わりません。 特に測定時のグランド接続を一番最初に行なう事は基本中の基本になります。 また、電流の流れをしっかりと把握したうえで計測機器を接続しないと最悪計測機器等の破損につながります。 計測機器の性能向上とは別に、測定方法をしっかり学んで作業に当たる事が大切です。

spectrumanalyzerは、電気信号に含まれる周期信号を周波数ごとにどれだけ含まれるか計測するための測定器です。spectrumanalyzerでは、主に周期信号の有無を検査したり、周期信号の分布を計測するなどに用います。 具体的には、計測信号をspectrumanalyzerに接続します。接続した計測信号はアナログ信号からデジタルデータに変換されます。その後、デジタル信号処理によってフーリエ変換されます。これは、時間軸領域で取り扱っている電気信号を周波数分布がわかるように周波数軸領域に表記変換するためのアルゴリズムの一つで、周期信号を扱う電子機器の多くで利用されているアルゴリズムです。 計測方法は非常に簡単で、所望の計測信号をspectrumanalyzerに接続するだけで計測をすることができます。 ただし、電気回路によっては、誤った接続を行うと発熱や発火につながるため、充分に注意して取り扱う事が必要です。